Hollow Heart
作曲:恒輝
作詞:大和&村雨尚睿&恒輝


紅く濡れた手でそっと抱き寄せ
微かな吐息最期は此の手で

繰り返す時代に 人は何を望まん?
繰り返す過ちに 何を得るのか?

護る者を失くした剣は錆び付き
あの日の記憶に未だ縛られ

過ぎ去り往く日に 置き去りにされて
やがて来たる明日にも 何も望めない

見慣れし我が城は 今や砲撃の的
見渡す荒野には 動かぬ骸の山

紅く濡れた手でそっと抱き締め
微かな鼓動最期は此の腕の中で

空を仰ぎ見る 光る向こう側
翼を失くした 尊き貴方よ

伸ばした其の手には 血塗られた剣
仰いだ其の眼には 光る滴が零れる

見慣れし我が城は 今や霞の中
見果てぬ荒野には 堕ちた双月の旗

伸ばした其の手には 一片の花が咲く
仰いだ其の眼には 光る虹が輝く



-解説-
★北欧の陰欝系重金属に感化されて作ったんだけど、かなりの理想型に仕上がった。アルペジオは俺にしてみれば、結構ストレッチが効いてる。手、小っちぇんだ俺(笑) リフをすっぱい顔して弾くと気持ち良い!!【恒輝】
★メンバーが溜めていた想い、フレーズを交えて歌詞にしたのはこの曲が初となります。Wildernessの続編的内容で、国家の興亡を賭した闘いを切り抜いて、深く覗き見た様を描いております。【尚睿】
★プレイ面で一番意識してるのは、「どこか人間味に欠けるベース」。サビではグッと盛り上がりますが、そこでもあまり感情を出さず、常にフレーズに寂しげな表情を与えていくことを重視しました。勢いやその場のごまかしは一切効かない曲ですね。【大和】
★情緒溢れるバラード・・のはずですが僕が走りまくるので作戦(ライヴ)ではミディアム・ナンバーですね(笑) ドラミングは「魂の一発」を目指しております。悲しみの感情をシンバルロールに込めながら・・・。【ルリヲ】


戻る