My Eden
作曲:恒輝  
作詞:村雨尚睿


生く道失い 彷徨う貴女を
蛻けだった僕は誘い閉じ込めた

箱庭を覗けば貴女が居る安らぎ
消えしまわぬ様に鎖で繋いで
「僕だけに支配させてよ」

白く甘く嫋やかで艶やかな素肌
誘う様に口づけて
絆す様に牙を勃てて
僕が此処に居る事を
貴女が此処に居る事を
忘れない様に
五感(凹凸)に刻む

逝く道も無いと はにかんだ貴女
奥歯の隙間で転がす春屍音
「代わりに僕を呑んで下さい」

淡く貴女に咲く華
蜜を嘗める僕は蟲
気付けば此の鎖に縛られて居たのは
僕の方でした



-解説-
★ゴシックメタル的な曲を書こうとして、失敗。が面白い曲になった。【恒輝】
★恋愛行為は本能で或ると同時に、自己存在を他人の中に残す肯定行為なのだ、と云う手前勝手な持論を、更に自らの妄想や欲望、そして経験と共に注ぎ込んだ問題作です。【尚睿】
★割とボーカルメロディを意識して弾いてるかも。何故「かも」かって?だって俺だけコードうろ覚え状態で音合わせ突入→雰囲気で弾く→そのフレーズが定着→後日「何気にボーカルと絡んでるなぁ」と(笑)。【大和】
★大臣にしては珍しい曲ですね。ひねた部分もありますが、りぢぃれがっせで最もシンプルな曲ですねぇ。【ルリヲ】


戻る