Pray
作曲:恒輝&村雨尚睿&ルリヲ
作詞:村雨尚睿


深淵へと見送る貴方の瞳には
定めを受け入れし命を焔と咲かせ
物言わずもそっと抱き寄せられた儘
其の温盛だけを今は全てと思ふ

遥かに霞ん往く貴方の背中には
永久の別れと哀しみの気配と
振り返る仕草に微笑んでみたけど
滲んで其の姿は何も見得やしないわ


桜花舞い散る定めと知りながらも
世は無情にも 二つの想いを裂いて
世は無常なり 咲いた想いを一つ堕とし


待つ貴女を想ふ 別れに感じた香り
此の胸に秘めて 直ぐ傍に感じ眠る
待つ貴女に願ふ 二度と届かないとしても
其処で又逢わん
次こそは二人で笑えるから

待つ貴女に捧ぐ 別れに交わした肌を
其の胸に秘めて 朽ちる迄残して欲しい
待つ貴女に願ふ 二度と届かないとしても
其処で又逢えたなら
裂かれた時を咲かせるとしやふ



-解説-
★俺の中にある哀感を前に出した。刻みリフはちょこっと変わった感じを出して、メロディリフとソロ後半は切なさ全開!!憧景を思い浮かべながら作ったんで弾いてると堪んない気分になってくる。弾き捲くりも気持ち良いけど、メロディに集中するのも気持ち良いわ〜!!【恒輝】
★所謂Aメロは見送る女性、サビは戦場に向かう男性、Bメロは語り部…的に歌詞の部分部分に役割を持たせて書き上げました。臭ければ臭い程、伝わるものだって有るって事を証明出来るかな、と。【尚睿】
★何だろ?あまり考えてません(笑) プレイ的な面よりも曲の世界背景といったほうに力入れました。結果、それがフレーズにも出てる部分もある・・・のかな? サビではフレーズがかなり動いてますが、あれも手癖みたいなものですね。ただ休符を入れて疾走感の中に緊張感を入れる事には意識しました。でも曲のベースで一番難しい部分はソロ後半。フレーズ的には単にルートなんですが、リズムが慣れるまでかなり苦労しました(自分で作ったフレーズなんですけどね)。【大和】
★スピード感溢れる曲で1バス&2バスの複合フレーズを多用しております。現在ライヴで叩いているフレーズは暫定的なものなので徐々に理想に近づけたいと思います。世界観は正に松本零士氏の「ザ・コクピット〜音速雷撃隊」! ココロ打たれます。【ルリヲ】


戻る