2003.10.16
目黒LIVE STATION


演目
-宣戦布告-
Wilderness
My Eden
-演説其乃壱-
Distopia
Worthless Person
-演説其乃弐-
Witherd Sky
Sand Of Time
-お別れのご挨拶-



ルリヲの報告書
帝都の科学兵器開発地区である高田馬場。今年は超馬力人型歩行兵器「鉄腕原子」の完成記念として、街中に彼の唄、彼の旗が溢れている。
賑やかな街の中心にある国民用補給基地「西友」の地下数十メートルに密かに建設された地下要塞「AREA」が今回の攻撃目標である。
今回は割と重金属系の皆様との合同作戦ということもあり、切り込み部隊として我々が先陣を切った。願ったり叶ったりである。
 演習準備を始めてすぐ、ルリヲの戦闘用軍靴が破損している事に気付いた。しかしさすが万能科学都市高田馬場、「ハロースミス」にて小一時間で修復。(牡羊座のムウに勝るとも劣らない修復技術で御座いました。感謝!)
しかしこれは更なる悪夢の始まりでしかなかった・・・。
合同演習の出撃は作戦出撃順とは逆に行われる。つまり出番は最後となる訳だが、演習実行時間になっても肝心の重金属攻撃が思う様に出来ない!
各々に問題が発生、解決に手間取る。
特に電気系統の障害が深刻のようだ。
焦る構成員をよそに時間は刻一刻と過ぎていく。
演習終了後、作戦に参加して頂く党員の皆様の御期待を裏切らぬ様、軍服に身を包み、精神統一。ある者は戦いの化粧を施し、ある者は火器を磨き、ある者は物言わぬ人形に語りかける・・。
現在の我々の死力を尽くし、重金属攻撃大作戦を決行するしかない。
大作戦決行予定時間に遅れる事も無く、静寂の中、戦いを知らせる序曲が流れ始める・・・。
〜 つづく! 〜



師団構成員の感想
作戦数日前から咳が酷くなり、当日まで不安が絶えませんでした。しかしながら、ステージに上がってみれば咳の事も忘れ(笑)、演説に集中出来ました。AREAさんの評価も悪くなかったようですし、今後とも一緒に頑張っていきたいと思っております。【尚睿】
近日公開予定【恒輝】
リハの段階で機材トラブルに見舞われ、貴重な時間を大幅に失うという大失態でメンバーに迷惑をかけてしまうという事態。ライブ後に真の原因は究明出来たものの、あまりにも単純な原因だった事が悔やまれます。ライブは自分のプレイに関しては前回の目黒よりも質を下げてしまった気がしてなりません(機材トラブルによる精神的ダメージを克服出来なかったのもあり)。11月25日は目黒LS二度目になるので、成長してないと言われないようにしたい。シングルギター編成のバンドでのベースがいかに難しく、またベースという楽器を弾くことの責任という点から重要なポジションを任されているという事を再認識させられたライブでもあったと思います。【大和】
オーバーホールが終わったばかりらしく機材の整備が行き届いており、気持ちよく演奏に臨む事ができました。 下手なのは全て自分の責任でございます。もう少し他の構成員と空間を共有できればもっと楽しんで頂けたかと・・。成長せねば・・・。【ルリヲ】


戻る